pagetop

本 ポスト・ウォー・シティズンシップの構想力

ほしい!に追加 twitter
本-ポスト・ウォー・シティズンシップの構想力
著者: 萩原能久 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 8
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784766411423
版型 --
ページ数 249P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

萩原能久 OFF

内容紹介

政治の手段としての戦争を違法化し、参加し、連帯し、リベラル・デモクラシーの究極の可能性を追求することで築き上げる市民社会の構想―国家主義も個人主義も超えて見出されるべき新しい市民社会論の提示を試みる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

総論―ポスト・ウォー・シティズンシップ?/第1部 市民とは何か(近代世界における公私関係の変容と政治の可能性/市民社会というヤヌス ほか)/第2部 ポスト・ウォーの条件(東京裁判と戦後日本刑法学/カントの永遠平和論と現代―「新しい戦争」時代の世界市民)/第3部 多文化・多世代共存社会の構想力(解放プロジェクトとしての多文化主義―批判的教育学の理論と実践をめぐって/リベラル・ナショナリズム論の意義と展望―多様なリベラル・デモクラシーの花開く世界を目指して ほか)/第4部 市民、その「戦争」のあと(日本プロテスタンティズムの戦後経験―福音派を中心として/Sound of Silence―戦後世界における「寛容」の問題性と可能性)

著者情報

萩原 能久
慶応義塾大学法学部教授。1956年生まれ。慶応義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ