pagetop

本 戦後日本の社会と市民意識

ほしい!に追加 twitter
本-戦後日本の社会と市民意識
著者: 有末賢 (編)
関根政美 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 7
発行年月 2005年 03月
ISBNコード 9784766411416
版型 --
ページ数 268P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

有末賢 OFF
関根政美 OFF

内容紹介

戦後日本の市民意識の土台となっている価値意識やアイデンティティ、社会意識の構造や社会の変化の考察を通して、戦後日本の市民意識をとらえなおす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

戦後日本の市民意識と社会科学/第1部 戦争と戦後日本社会(ヒロシマからヒロシマたちへ―ヒロシマを歩く/1965年前後の「ヒロシマ」/戦後日本社会と死の自己決定―主体的であることの社会的文脈)/第2部 多文化主義とシティズンシップ(多文化的市民のための多様な多文化主義―多文化主義政策分析のための方法的インプリケーション/戦後日本の出入国管理と外国政策/多文化社会化する欧州の極右台頭と多文化社会日本)/第3部 戦後日本社会と社会学的思考(戦後日本の家族社会学者・小山隆とアメリカ社会学/日本都市社会学の形成過程と市民―被調査者へのまなざしの転回とともに/鶴見俊輔と「思想の科学」の1950年代―戦後啓蒙の思想的転回に関する一考察)

著者情報

有末 賢
慶応義塾大学法学部教授。1982年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士
関根 政美
慶応義塾大学法学部教授兼メディアコミュニケーション研究所長。1979年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。社会学博士

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ