pagetop

本 深淵の旅人たち ワイルドとF・M・フォードを中心に

ほしい!に追加 twitter
本-深淵の旅人たち ワイルドとF・M・フォードを中心に
著者: 河内恵子 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2004年 12月
ISBNコード 9784766411218
版型 --
ページ数 284,10P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

河内恵子 OFF

内容紹介

作家たちの「旅」からイギリスを読む。
大都市ロンドンがゴシック小説を生んだ。
伝統と常識への反発が新しい悲喜劇を作り出した。
深い塹壕と泥沼の戦場が、絶望と希望をあわせもつ小説の誕生の場となった。
―人々が不安と焦燥感にかられた一九世紀後半から第一次世界大戦までのイギリスを、作家たちの「旅」から読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 一九世紀末イギリスのゴシック・ワールド(一九世紀末の英国の危機意識と文学―ブラム・ストーカーとオスカー・ワイルドを中心に/境界の破壊者としての吸血鬼―ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を読む/一九世紀末ロンドンの旅人たち―旅行記としてのゴシック小説を読む)/第2部 危うい旅人、オスカー・ワイルド(『獄中記』再考―深淵におけるワイルドの思想/旅する女たち―ワイルド劇の女主人公における「自己形成」について/オスカー・ワイルドと悲喜劇―ワイルドの未完成の演劇作品について ほか)/第3部 第一次世界大戦とフォード・マドックス・フォード(『善良なる兵士』を読む―レオノーラ・アッシュバーナムの戦い/フォード文学の揺らぎ―『電話ふたつのパッションの物語』を読む/再生物語としての「第一次世界大戦」―フォード・マドックス・フォードの『敵にあらざれば』を読む)

著者情報

河内 恵子
1953年兵庫県生まれ。1981年慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。慶応義塾大学文学部助教授。専攻は19世紀末から現代までのイギリス小説

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ