pagetop

本 中世環地中海圏都市の救貧

ほしい!に追加 twitter
本-中世環地中海圏都市の救貧
著者: 長谷部史彦 (編著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2004年 09月
ISBNコード 9784766410914
版型 --
ページ数 217P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

長谷部史彦 OFF

内容紹介

環地中海圏の港町や内陸都市の社会において、貧しい人たちを対象とした施しや救済はどのように行なわれていたのか。
本書は、ビザンツ、イスラーム、西欧キリスト教の「三つの世界」からなる中世環地中海圏の都市における貧民救済に的を絞り、10世紀から15世紀までを中心にその制度や実態を多角的に掘り下げる。
そして、中国史研究者の参加も得て「比較救貧史」へと歩みだそうとする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ビザンツ国家と慈善施設―皇帝・教会・市民をめぐる救貧制度(六世紀における慈善施設の公的管理/一一世紀における慈善施設の私的経営 ほか)/第2章 中世エジプト都市の救貧―マムルーク朝スルターンのマドラサを中心に(マムルーク朝期カイロにおける救貧の諸相/巨大マドラサの救貧機能―カイロのハサン学院 ほか)/第3章 中近世スペインの救貧―サンティアゴ巡礼路都市を例として(一四~一六世紀のサンティアゴ巡礼路都市アストルガの兄弟団/一六世紀のサンティアゴ王立施療院)/第4章 中世エルサレムにおける救貧(イスラームにとってのエルサレム/イスラーム時代のエルサレム ほか)/第5章 比較の視線 宋代都市における社会救済事業―公共墓地出土の磚文を事例に(中国宋代の社会救済事業/黄河南岸の都市と社会救済)

著者情報

長谷部 史彦
1962年生まれ。現在、慶応義塾大学文学部助教授。アラブ社会史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ