pagetop

本 モノが語る日本の近現代生活 近現代考古学のすすめ

ほしい!に追加 twitter
本-モノが語る日本の近現代生活 近現代考古学のすすめ
著者: 桜井準也 (著)
定価 ¥756(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学教養研究センター
シリーズ名
慶応義塾大学教養研究センター選書 1
発行年月
2004年 03月
ISBNコード
9784766410822
版型
--
ページ数
78P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

桜井準也 OFF

内容紹介

わが国で考古学というと、どのようなものがイメージされるであろうか。
一般には縄文時代の貝塚や各地に点在する古墳などの発掘調査の様子が想像される場合が多く、近代や現代という新しい時代の考古学がイメージされることはほとんどないであろう。
しかし、遺跡の発掘調査では地表面に近いところから調査が開始されるため、縄文時代や旧石器時代などの古い時代の地層に達する前に新しい時代の遺跡調査を行わなければならない。
すると近世や近現代という「新しい時代」の遺跡や遺物をどう扱うかが調査員にとって問題となってくるのである。
なかでも文化財行政的にはあまり重要視されていない近現代遺跡は、遺跡調査に従事する調査員にとって対処に苦慮する存在である。
そして、この状況をいかに打開してゆくかを我々は考えていかなければならないのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 近現代考古学の現状/2 なぜ近現代考古学が必要なのか/3 近現代を考古学するということ/4 発掘された近現代生活(幕末~明治の西洋遺物/漁村の文明開化/地方都市の生活/軍隊の日常生活/高度経済成長期の暮らし)/5 モノ研究としての近現代考古学(生活財研究と近現代考古学/遺物の組成と使用期間)/6 近現代考古学のすすめ

著者情報

桜井 準也
慶応義塾大学文学部助教授。1988年、慶応義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。慶応義塾藤沢校地埋蔵文化財調査室主任調査員、慶応義塾文学部非常勤講師を経て1999年より現職

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

ビブリア古書堂の事件手帖 7

三上延(著)


火花

又吉直樹(著)


ゼロの使い魔 22

ヤマグチノボル(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ