pagetop

本 西洋精神史における言語観の変遷

ほしい!に追加 twitter
本-西洋精神史における言語観の変遷
著者: 松田隆美 (編)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学言語文化研究所
発行年月 2004年 03月
ISBNコード 9784766410662
版型 --
ページ数 314P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松田隆美 OFF

内容紹介

本書は、中川純男編『西洋精神史における言語観の諸相』(慶応義塾大学言語文化研究所、2002)に続く、第二論集である。
執筆者はそれぞれ、哲学、言語学、西洋古典学、西洋中世研究、イスラーム思想史などを専門とし、その研究対象とする地域も、西洋のみならず、古代以来西洋と密接な文化交流を保ち続けてきたオリエントおよびイスラーム文化圏も含んでいる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

記述について/意味、真理条件、認知/人に具わる知識の種子―プラトンの問題に対するチョムスキーの試み/ホメーロスの言葉と詩人たちの解釈2―三つのハパクス・レゴメナ/「若さの花」の変容―Pindaros Pyth.IV 158/ペトルス・ニコラウス羅訳『アリストテレスの神学』第一章・第二章/意味と指示―トマス『真理論』から/誓い―ヨーロッパ中世における言葉の力/説教の視覚言語―ロバート・ホルコット『教訓的逸話集』(Moralitates)と寓意擬人像の伝統/言葉が語り出されるとき(1)/アラビア語の卓越性に関する少数派文学の葛藤/初期イスマーイール派の神の言葉論―スィジスターニーの「神の“創出の”命令の認識について」及び他二篇和訳

著者情報

松田 隆美
1958年生まれ。York大学大学院博士課程修了。D.Phil.現在、慶応義塾大学文学部教授。専攻は、中世英文学、思想史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ