pagetop

本 運動+(反)成長 身体医文化論 2

ほしい!に追加 twitter
本-運動+(反)成長 身体医文化論 2
著者: 武藤浩史 (編)
榑沼範久 (編)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
シリーズ名
身体医文化論 2
発行年月
2003年 11月
ISBNコード
9784766410204
版型
--
ページ数
353P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

武藤浩史 OFF
榑沼範久 OFF

内容紹介

成長/退化という近代の制度から、われわれの知と文化は遠く離れているのか?速度という近代の快楽からの自由を、われわれの運動する身体は胚胎しているのか?「運動と(反)成長」をテーマとする歴史・文化研究のみならず、脳科学・医療社会学・老人研究などの論考を加えた発展的な成果。
身体論・文化研究に「医学的なもの」を接続させた新しい学問領域を開拓。
今注目を集めるパフォーマンス系諸領域の論考と座談を収録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序 「運動+(反)成長」/第1部 知の構成の中へ(人体実験と近代医学の成長―19世紀のドイツ医学/「運動」の起源と「生理学的身体」イデオロギー/脳と運動―進化から発達まで ほか)/第2部 文化の政治の中へ―成長/反成長(複製技術時代の優性学―「身体文化」における「政治の美学化」と『ユリシーズ』/(反)成長物語の中の優性学とサフレジズム―ヴァージニア・ウルフ『ジェイコブの部屋』の身体医文化論的読解/D・H・ロレンス『恋する女たち』における「柔術」と身体文化 ほか)/第3部 生の運動・反復の中へ(脚/足の復権―ヴィクトリア朝の歩行文化/運動と医療―高齢者における歩行機能の重要性/音楽演奏行為における楽器と身体―西洋の楽器をいくつかの例として ほか)

著者情報

榑沼 範久
1968年生まれ。横浜国立大学教育人間科学部メディア研究講座助教授。東京大学卒、東京大学大学院MA、英国ケント大学MPhil.専門は表象文化論
武藤 浩史
1958年生まれ、慶応義塾大学法学部教授。慶応義塾大学卒、英国ウォリック大学Ph.D.専門は英文化・文学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ