pagetop

本 雇用・利子・収益率とジェラール曲線

ほしい!に追加 twitter
本-雇用・利子・収益率とジェラール曲線
著者: ジャン・ピエール・ジェラール (著)
石橋春男 (訳)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2003年 08月
ISBNコード 9784766409734
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ジャン・ピエール・ジェラール OFF
石橋春男 OFF

内容紹介

本書で紹介する「ジェラール曲線」分析は、雇用、実質利子率、および収益率の関係を表すものであり、企業のリストラや海外進出とそれによる産業の空洞化、失業の増大、さらには政府・日銀の進める構造改革や金融政策など、日本経済の当面する諸問題を一つのフレームワークで説明してくれる。
また、そこから導かれる政策的議論は、フランスを対象としたものであるが、デフレからの脱却を模索する日本にも当てはまるものであり、とくに公的部門についての指摘は、きわめて示唆に富んでいる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 経営者の行動、実質利子率、および収益率(収益率と実質利子率/企業の経営者たちはどのように行動するのか)/第2章 雇用と収益率の理論的関係(収益率‐雇用曲線の作図/曲線の形状/理論の構築/曲線の意味)/第3章 理論の検討(曲線の形状/実質利子率/公的部門の収益率と曲線の形状)/第4章 雇用、金融問題、および財政(雇用、収益率、および金融政策/雇用政策と収益率‐雇用曲線)/第5章 経済構造への影響(ドイツ型資本主義対イギリス・アメリカ型資本主義、問題は金利なのか/実質利子率の上昇はイギリス・アメリカ型資本主義の利点である)

著者情報

石橋 春男
昭和42年早稲田大学第一政治経済学部卒業。昭和47年早稲田大学大学院商学研究科博士課程修了。現在、大東文化大学環境創造学部教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ