pagetop

本 信仰とテロリズム 1605年火薬陰謀事件

ほしい!に追加 twitter
本-信仰とテロリズム 1605年火薬陰謀事件
著者: アントニア・フレイザー (著)
加藤弘和 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2003年 05月
ISBNコード 9784766409673
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アントニア・フレイザー OFF
加藤弘和 OFF

内容紹介

「なぜ」起きたのか?「陰謀」は存在したのか?それは「誰にとって」悲劇だったのか?弾圧下にあったイギリスのカトリック教徒による、謎に満ちた衝撃的な陰謀事件を、今日的視点で読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 機が熟すまえに(だれの頭に王冠を/誠実なパピスト/意見の相違)/第2部 聖ジョージの馬(王とその子供たち/スペインの慈悲/ファニトンの如きケイツビィ)/第3部 火が燃え猛り狂う道(荒療治/有害な火薬/…危険性がある。/曖昧かつ胡散臭い手紙)/第4部 発覚―神によるのか悪魔によるのか(ミスター・フォークス、逮捕さる/ゆるやかな拷問/火と硫黄/この浅ましき者たち)/第5部 死の影(反逆者の心臓/ジェズイットの反逆/告別/悪魔のやり口か)

著者情報

アントニア・フレイザー
1932年イギリス生まれ。オックスフォード大学(レイディ・マーガレット・ホール)卒。歴史文学者
加藤 弘和
1934年東京生まれ。慶応義塾大学大学院文学研究科修士課程修了(英文学専攻)。慶応義塾大学教授を経て、名誉教授。現在、東北公益文科大学教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ