pagetop

本 地球環境外交と国内政策 京都議定書をめぐるオランダの外交と政策

ほしい!に追加 twitter
本-地球環境外交と国内政策 京都議定書をめぐるオランダの外交と政策
著者: 蟹江憲史 (著)
定価 ¥4,860(税込)
BOOKFANポイント: 225 pt
or
Tポイント: 135 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
発行年月
2001年 12月
ISBNコード
9784766408720
版型
--
ページ数
320P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

蟹江憲史 OFF

内容紹介

本書で取り上げる京都議定書採択に至るまでの交渉過程でリーダーシップを発揮していたのはオランダであり、オランダに率いられる欧州連合(EU)であった。
京都会議では締約国の一つとしてリーダーシップを発揮したオランダであったが、そのオランダがボン会議では、今度は締約国会議の議長国として、またしても多国間合意形成へ向けたリーダーシップを発揮したのである。
なぜこうもオランダが目立つのであろうか。
その謎が、本書を通じて明かされる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 地球環境問題の国際関係/第1章 京都議定書交渉への道のり/第2章 オランダの政策基盤とEUの役割/第3章 オランダ議長国とEU域内交渉/第4章 EUのイニシアティブとオランダ/終章 国内コンセンサスから国際的イニシアティブへ

著者情報

蟹江 憲史
北九州市立大学法学部助教授。1969年生まれ。2000年、慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。国際連合大学高等研究所勤務、北九州市立大学法学部講師を経て、2001年より現職。国際連合大学「環境と持続可能な開発」コンサルタント。専攻は国際関係論、環境政治学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


場面設定類語辞典

アンジェラ・アッカーマン(著)


今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ