pagetop

本 南極条約体制と国際法 領土、資源、環境をめぐる利害の調整

ほしい!に追加 twitter
本-南極条約体制と国際法 領土、資源、環境をめぐる利害の調整
著者: 池島大策 (著)
定価 ¥6,480(税込)
BOOKFANポイント: 300 pt
or
Tポイント: 180 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2000年 11月
ISBNコード 9784766408218
版型 --
ページ数 16,473P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

池島大策 OFF

内容紹介

我が国初の総合的な南極条約研究書。
島などの帰属を含む領土問題に関する国際法の現状、海洋環境・生態系の保護と新しい海洋法との関連、南極条約体制の第三者に対する効力の問題など国際法上の最新のトピックも詳述。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 南極条約成立までの歴史と法的状況(南極条約成立以前の状況/南極条約の成立)/第2部 南極条約の基本原則とその機構(南極条約の基本原則/領土権又は紛争の「凍結」の原則/南極の「平和的利用」の原則 ほか)/第3部 南極条約体制の発展(南極の動物相及び植物相の保存のための合意された措置/南極あざらしの保存に関する条約/南極の海洋生物資源の保存に関する条約 ほか)/第4部 南極条約体制の当面する課題(南極とそのさらなる国際化/南極条約体制の第三者に対する効力)

著者情報

池島 大策
法学博士(慶応義塾大学)、D.E.S.en Relation Internationales(IUHEI/GHS)。ハーグ国際法アカデミーやジュネーブ大学に留学。ケンブリッジ大学国際法研究所及び同スコット極地研究所訪問研究員、慶応義塾大学総合政策部助手、外務省「大陸棚画定研究会」調査委員などを歴任。2000年4月より、同志社女子大学現代社会学部助教授。専門は国際法(慣習法、領城取得、海洋法、環境法など)。主な業績に共著『国際関係法辞典』(三省堂、1995年)など

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ