pagetop

本 水彩色鉛筆でらくらくスケッチ 絵を描く基本がわかる

ほしい!に追加 twitter
本-水彩色鉛筆でらくらくスケッチ 絵を描く基本がわかる
著者: 林克彦 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 グラフィック社
シリーズ名 スタートシリーズ
発行年月 2008年 03月
ISBNコード 9784766118902
版型 --
ページ数 111P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林克彦 OFF

内容紹介

「何を描けばいいの?」という質問をよく聞きます。
絵のモチーフは、ふだんの暮らしのなかにあふれています。
水彩色鉛筆は、身近なものを描きとめるには適した画材です。
絵を描く基本や水彩のテクニックも、簡単に学べます。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 塗って水で溶かして水彩色鉛筆を使ってみよう(クローバー―水を使って描く/水彩色鉛筆にはどんな色があるの? ほか)/2 水彩色鉛筆だから簡単絵を描く基本トレーニング(塗ってから水で溶かす―いろいろなボタン/かたちを見よう―葉 ほか)/3 線と色のレッスンなんでも描いてみよう(とげとげを描く―ストロベリーフィールド/黄色+水の効果―たい焼き ほか)/4 ためしてみよう水彩のテクニック(水をたくさん使ってみよう―3色で描くクローバー/透明水彩のように軽く仕上げる―コスモス ほか)

著者情報

林 克彦
多摩美術大学の日本画科に在籍中にはじめて日本独自の絵画、日本画に触れ衝撃を受ける。身のまわりにある何気ないものに目をとめて、何でも描いてみることにより、絵も生活も楽しくなることに最近気づいた。アートスクール銀座、NHK文化センター町田、大塚アトリエ、徹彩会(東京目黒)で、水彩、デッサン、水彩色鉛筆を教える。1970年東京都出身。1995年多摩美術大学日本画科卒業。1997年多摩美術大学大学院美術研究科修了。1996年三渓日本画賞展大賞受賞。1998年個展(エッグギャラリー)。2003年個展(ギャラリーPSY)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ