pagetop

本 吟醸酒の光と影 世に出るまでの秘められたはなし

ほしい!に追加 twitter
本-吟醸酒の光と影 世に出るまでの秘められたはなし
著者: 篠田次郎 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 技報堂出版
シリーズ名 はなしシリーズ
発行年月 2001年 09月
ISBNコード 9784765544283
版型 --
ページ数 182P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

篠田次郎 OFF

目次

第1章 戦中・戦後の吟醸酒―混乱期の出来事と品質志向(終戦前後の酒事情/酒質には二つの価値観があった ほか)/第2章 昭和二七年から三〇年代―実のない試行と虚ろな発展(全国規模の品評会を望む声/昭和三〇年代の吟醸酒―私の体験から ほか)/第3章 昭和四〇年代―吟醸技術の変革と新商品開発(体験的実証、吟醸酒がうまくなった/吟醸酒に科学的なアプローチ ほか)/第4章 困難を乗り越えて―吟醸酒の市販に踏み切る(吟醸酒はなぜ売れなかったのか/吟醸酒を市場に出す ほか)/第5章 消えていた「吟醸」という言葉(「吟醸」がもつ二つの意味/級別制度と「吟醸」 ほか)

著者情報

篠田 次郎
昭和8年仙台市に生まれる。昭和31年福島大学経済学部卒業。民間企業勤務を経て、昭和40年篠田安藤建築設計事務所、ジェイナスコンサルタンツを開設。酒造工場の設計、コンサルタンツに携わる。これらの仕事のなかで吟醸酒に出会い、「幻の日本酒を飲む会」を創設。以降25年にわたり吟醸酒を味わいながら、吟醸酒百年の歴史研究を続けている。技術士、一級建築士、中小企業診断士。吟醸酒研究機構世話人頭、幻の日本酒を飲む会会長

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高3,000円分ギフト券プレゼント中!今すぐマイページへ
特集一覧へ