pagetop

本 市場原理主義と高金利マネー 奪う!カネも人の命も

ほしい!に追加 twitter
本-市場原理主義と高金利マネー 奪う!カネも人の命も
著者: 鈴木久清 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 花伝社
発行年月 2010年 06月
ISBNコード 9784763405715
版型 --
ページ数 250P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木久清 OFF

内容紹介

近年、わが国では、クレジット・サラ金、商工ローン、ヤミ金などによる高利の貨幣貸し付けに伴う多重債務問題が深刻な社会問題になっている。
古代から現代まで横行してきた高利貸し、その本性とは何か。
古代の哲学者やその後の思想家は、高利についてどう考えたか。
市場原理主義論者の利子論の狙いは何か。
今後、多重債務問題を根本的になくすためには何が必要か。
長年にわたってクレジット・サラ金被害者救済に携わってきた経験を踏まえて、高利貸しの本質と「強力な高利排撃」などの運動の必要性について、理論的に、そして情熱を込めて説き明かす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 古代の哲学者は高利についてどう論じたか/第2章 高利貸しの諸形態―古代から現代まで/第3章 変化してきた利子についての考え方―ロック、スミス、マルクスの利子論について/第4章 高利貸しの本性とは何か/第5章 市場原理主義とクレジット・サラ金―「上限金利規制緩和・撤廃論」を批判する/第6章 高金利引き下げの現段階と課題

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ