pagetop

本 「教育」の常識・非常識 公教育と私教育をめぐって

ほしい!に追加 twitter
本-「教育」の常識・非常識 公教育と私教育をめぐって
著者: 安彦忠彦 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 学文社
シリーズ名 早稲田教育叢書 28
発行年月 2010年 03月
ISBNコード 9784762020490
版型 --
ページ数 136P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

安彦忠彦 OFF

目次

第1部 「教育」の常識・非常識―公教育と私教育(「教育」には二種類ある―私教育と公教育/「学校」は何のために?―上級学校への進学準備のため?/「予備校・塾」は何のために?―「教育産業」として「営利」目的のために/「子ども」は誰のもの?―まず子ども自身のもの、次いで社会のもの/「家庭・家族」とはどんなもの?―「子どもの養育の場」/「地域(社会)」とはどのようなもの?―子どもの「自立」を支援するもの/「親子」とはどのようなもの?―まず「子育て」を中心にすべきもの/「受験」とは何か?―「手段」であり「目的」ではない/「成長・発達」は何のために?―「自立」のために/「子ども」は大人社会にとって何なのか?―「大人の鏡」として「大人社会の存続・発展」を保障するもの)/第2部 「無教育社会」批判―「私教育」再生のために(「教育」という魔物―人間にとっての「教育」/「私教育」の進歩性・多様性―「教育」の「社会的側面」/「公教育」の保守性・画一性/「学校」の教育目的―「学校教育」の限界・限度/「無教育」社会の再構築―「社会教育」と「生涯学習」による家庭・地域の変容)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ