pagetop

本 離島とメディアの研究 小笠原篇

ほしい!に追加 twitter
本-離島とメディアの研究 小笠原篇
著者: 前納弘武 (編)
定価 ¥6,171(税込)
BOOKFANポイント: 285 pt
or
Tポイント: 171 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
学文社
発行年月
2000年 02月
ISBNコード
9784762009273
版型
--
ページ数
339P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

前納弘武 OFF

内容紹介

一体、テレビはどのような変容を小笠原社会にもたらすのであろうか。
個々の住民の「小笠原へのスタンス」をひとつの方向に収斂させるのであろうか、それとも、ますます多様性を深める方向に作用するのであろうか。
あるいは、そうした問題には関わらない次元で過ぎていくのであろうか。
いうまでもなく、テレビというマスメディアが与える影響のなかには、可視的なものもあれば不可視的なものもあり、短期的なものもあれば長期的なものもある。
それら全体の動きをとおして、徐々に、しかし着実に、小笠原という小さな社会の変容が引き起こされていくに違いない。
その全体をとらえるなどということは到底不可能である。
しかし、その一端なりとも解明したいという問題関心から、本書刊行の企てが始まった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 研究と政策(小笠原における社会・生活とメディア―研究課題と問題状況/離島政策の展開と小笠原村/小笠原におけるテレビ地上波導入の経緯)/第2部 小笠原からの発言(激動20余年の不安と不満―終戦帰島から返還まで/「小笠原CATV」の盛衰とその存在意義/テレビと活字 ほか)/第3部 メディアと変容(テレビ地上波導入による情報行動の変容―情報行動変容の一断面/視聴番組の変容と新聞閲読行動―情報行動変容の一断面/テレビ地上波導入による娯楽情報の浸透―情報欲求変容の一断面 ほか)

うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ