pagetop

本 「判断」でしかける発問で文学・説明文の授業をつくる 思考力・判断力・表現力を共に伸ばす!

ほしい!に追加 twitter
本-「判断」でしかける発問で文学・説明文の授業をつくる 思考力・判断力・表現力を共に伸ばす!
著者: 長崎伸仁 (編著)
東京都調布市立富士見台小学校 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 18 pt
or
Tポイント: 18 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
学事出版
発行年月
2014年 11月
ISBNコード
9784761920883
版型
--
ページ数
127P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

長崎伸仁 OFF
東京都調布市立富士見台小学校 OFF

内容紹介

「判断」でしかける発問づくりの意味とその具体がよくわかる。
「判断」でしかける発問で、思考力・判断力・表現力を共に伸ばす。
「判断」でしかける発問でつくる文学・説明文の単元計画&授業展開。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「判断」でしかける発問づくりの意味とその具体(発問の価値とは…?/広げる発問と深める発問 ほか)/第2章 「判断」でしかける発問で、思考力・判断力・表現力を共に伸ばす文学の授業(「たぬきは糸を紡いでいる姿を見せたかったのか、見られてしまったのか」「たぬきが糸車を回したのは、いたずらか、いたずらじゃないのか」―「たぬきの糸車」(光村図書・小学1年)/「じさまの病気は仮病か」「豆太はやっぱり臆病な子か」―「モチモチの木」(光村図書・小学3年) ほか)/第3章 「判断」でしかける発問で、思考力・判断力・表現力を共に伸ばす説明文の授業(「この順番でいいかな?」「どの遊びが一番おもしろい?」―「おにごっこ」(光村図書・小学2年)/「10段落と11段落のどちらを書き直すか」「この題名に納得するか」―「ウナギのなぞを追って」(光村図書・小学4年) ほか)/第4章 「判断」でしかける発問でつくる文学・説明文の単元計画&授業展開(「二匹は誰のおかげで仲直りできたのか」―文学「ゆうだち」(光村図書・小学1年)/「この順番で合っているかな」―説明文「たんぽぽのちえ」(光村図書・小学2年) ほか)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ