pagetop

本 死の人間学

ほしい!に追加 twitter
本-死の人間学
著者: 袖井孝子 (編著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 金子書房
シリーズ名 お茶の水女子大学21世紀COEプログラム誕生から死までの人間発達科学 第6巻
発行年月 2007年 08月
ISBNコード 9784760895267
版型 --
ページ数 270P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

袖井孝子 OFF

内容紹介

終末期から遺族や周囲の者が悲しみを乗り越えるまでの過程を本人・家族・友人・医療者との共同作業ととらえ、死の意味、望ましい死のあり方、子どもと若者への死の教育を考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

QOLからQODへ/第1部 死の意味を考える(西欧における死の表象/命のかけがえのなさが理解できるか―子どもたちの「死」の概念/家族員との死別体験とその意味)/第2部 終末期へのまなざし(終末期へのまなざし:医療者の立場―過剰医療・過少医療/終末期へのまなざし:生命倫理の立場/終末期に関する市民の学習活動をめぐって)/第3部 死を教える(幼い子どもに命の大切さをどう教えるか―アンケート調査の結果から/高校生に死をどう教えるか/看護学生に死をどう教えるか/看護学生に死をどう教えるか)/資料 統計にみる日本人の死―人口動態統計より

著者情報

袖井 孝子
お茶の水女子大学名誉教授。1938年愛知県生まれ。1961年国際基督教大学教養学部卒業、1965年カリフォルニア大学大学院修士課程修了(社会学修士)、1970年東京都立大学社会科学研究科博士課程修了。1965年カリフォルニア州公衆衛生局調査主任、1970年淑徳短期大学社会福祉学科専任講師、1972年東京都老人綜合研究所社会学部主任研究員、1975年お茶の水女子大学家政学部助教授、1990年同大学家政学部教授、1992年同大学生活科学部教授、2004年定年退職。日本学術会議連携会員、男女共同参画会議議員、公益法人等認定委員会委員、文部科学省教科用図書選定審議会委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ