pagetop

本 ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム

ほしい!に追加 twitter
本-ちょっとヤバイんじゃない?ナショナリズム
著者: 高橋哲哉 (著)
恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行 (編)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 解放出版社
シリーズ名 平和をつくる
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784759267037
版型 --
ページ数 237P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高橋哲哉 OFF
恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行 OFF

内容紹介

わたし探しの「ぷちナショナリズム」がどのようにして排外主義へ転化するのか?現実に生起するナショナリズム現象を解明し、ナショナリズム・シンドロームの罠から抜け出す処方箋をさぐる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 いま、何が起きているのか―グローバリズムとナショナリズムの間で(ナショナリズムの復活?あるいはグローバリズムとナショナリズムの共犯?/国家とナショナリズム―「新憲法草案」に見る人権/ODA「日本の心」は「国際貢献の現場」で「排除の心」に変わってしまうかも/全世界にばら撒かれる奈落の連鎖/「がんばれ」って私に言うあなた自身は、どこにいるんだ)/第2部 聞きたい!―フロアから(どんなことがあっても、被害者を助ける/靖国と憲法改正案をつなぐ回路/ナショナリズムの魔力/かくて「テロとの戦い」はペスト撲滅と同義となりき)/第3部 もう一度、語る(グローバル化を逆手に―国境を越えた「ただの人たち」がつながる/ナショナリズムの克服―内戦の痛みを知る/国家に寄りかからすに生きる。つながる)/第4部 グローバリズムとナショナリズム、私の見方(グローバリズムとはアメリカ式「収奪ルール」を世界標準とすることだ/もはやご臨終?とは言い難いナショナリズム、グローバリゼーションとの併走/離米に向かう世界の反グローバリズム運動と東アジアのナショナリズムを考える/グローバル・スタンダード押しつけの構造/深い「怨」を抱えた韓国ナショナリズムを溶解するために)

著者情報

高橋 哲哉
東京大学大学院教授。1956年福島県生まれ。東京大学卒業。哲学者。著作『靖国問題』(筑摩書房)がベストセラーに。2004年NPO法人「前夜」を立ち上げ、代表理事を務める

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ