pagetop

本 生と死の文化史

ほしい!に追加 twitter
本-生と死の文化史
著者: 懐徳堂記念会 (編)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 和泉書院
シリーズ名 懐徳堂ライブラリー 4
発行年月 2001年 06月
ISBNコード 9784757601130
版型 --
ページ数 212P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

懐徳堂記念会 OFF

内容紹介

人類は誕生以来、死と隣り合わせに生きてきた。
宗教はもちろん、哲学や芸術も生と死を重要なテーマとしてきた。
科学や医療の発達が日常から死を遠ざけた20世紀は、しかし戦争による大量死の世紀だった。
そして世紀末、高齢化のなかで「死に方のむずかしさ」が噴出した。
こうした20世紀を終えて、哲学者が考える。
歴史学者が考える。
文化人類学者が、文学者が、芸術学者が…生と死を考える。
そこから、人間の歴史と文化が見えてくる。
平成9年春秋、10年春の三季連続でおこなわれた、生と死に関する懐徳堂記念会公開講座での講演の一部にもとづく論集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

人間らしい安らかな死―「尊厳死と安楽死」/戦争における証言の領域/考えにくい死を考える―哲学のまなざし/「日本仏教」から見た人と動物―「殺生肉食」と「動物供養」の問題を中心に/源氏物語の生と死/日本映画における生と死

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ