pagetop

本 オペラ「フィガロの結婚」のことが語れる本 オペラや映画を見るときに「あっ、そうなのか」 理美容師は、お客様のライフ・アドバイザー

ほしい!に追加 twitter
本-オペラ「フィガロの結婚」のことが語れる本 オペラや映画を見るときに「あっ、そうなのか」 理美容師は、お客様のライフ・アドバイザー
著者: 金子一也 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 明日香出版社共同マーケティング事業部
シリーズ名 ASUKA BUSINESS
発行年月 2008年 04月
ISBNコード 9784756911773
版型 --
ページ数 221P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

金子一也 OFF

内容紹介

「フィガロの結婚」は、モーツァルトの三大オペラの一つとして有名です。
この作品から、当時貴族に仕える身だったモーツァルトの社会風刺の精神と人生観がかいまみえます。
つまり、モーツァルトの生き様に触れることで「フィガロの結婚」を深く鑑賞できるようになるのです。
本書は、はじめてオペラを鑑賞するという人に向けての手引書にも適しています。
ぜひ鑑賞する前に後に読んでみてください。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ダ・ヴィンチ、モーツァルトはビューティー産業の祖(「歌は世につれ、世は歌につれ」/神童、だけど召使 ほか)/第2章 理美容師フィガロはモーツァルトの分身(「辞令でお尻を拭」こうとした召使音楽家/召使から芸術家になる決意を暗号で伝える ほか)/第3章 生き方も美しいスタイリストに共感した作者たち(弾圧されてもフリーメーソンに残ったモーツァルト/言えないことは、歌えばいい ほか)/第4章 理美容師は、お客様のライフ・アドバイザー 「フィガロの結婚」解体新書第一・二幕(腕のいい理美容師のイロハ「フィガロ」前史「セヴィリアの理髪師」/ヘアースタイリスト史 ほか)/第5章 ヘアー・スタイリスト技術とセンスでホスピタリティ産業に「フィガロの結婚」解体新書第三・四幕(モーツァルトのすべてを活かした創作法/「ばかげた一日」の終わりに ほか)

著者情報

金子 一也
1967年生まれ。早稲田大学社会科学部卒業後、(財)松下政経塾入塾。現在、(財)松下政経塾研修主担当、中部大学非常勤講師。NPO法人文化公益協会理事長。講義、講演、執筆を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ