pagetop

本 子どもの遊び・自立と公共空間 「安全・安心」のまちづくりを見直すイギリスからのレポート

ほしい!に追加 twitter
本-子どもの遊び・自立と公共空間 「安全・安心」のまちづくりを見直すイギリスからのレポート
著者: ギル・ヴァレンタイン (著)
久保健太 (訳)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 明石書店
発行年月 2009年 05月
ISBNコード 9784750329758
版型 --
ページ数 248P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ギル・ヴァレンタイン OFF
久保健太 OFF

内容紹介

大人にとって子どもや若者は守るべき未熟な存在であり、一方で、街の秩序を乱し脅威を生む管理すべき存在と見なされている。
筆者ギル・ヴァレンタインは、子ども地理学の視座から、街路や公園などの公共空間における現代の子ども・若者の立場を、家族と子育ての文化を交えて分析し、地域政治への子どもの参画を提言する。
子どもの安全・安心を過剰に確保しようとするあまり、公共空間での保護と排除が同時進行する「リスク社会」日本への、まちづくりと子ども・若者参画の先進国イギリスからの警鐘。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 子ども期の危機?/第2章 脅しの喧伝:恐怖の地理学的分布/第3章 ジェンダーと子育て文化/第4章 「自分でできるよ」:子どもとその能力/第5章 道からの撤退/第6章 空間の争奪戦:公共空間のティーンエイジャー/第7章 子どもと公共空間の未来

著者情報

久保 健太
1978年生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程在籍。篠原学園および日本工学院専門学校講師。こども環境学会、日本教育学会会員。道路を中心とした地域社会を人間形成の場として復活させるために、道路での子どもの遊びを観察し、道でしか成り立たない遊びや人間関係について考えている

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ