pagetop

本 雨森芳洲と玄徳潤 朝鮮通信使に息づく「誠信の交わり」

ほしい!に追加 twitter
本-雨森芳洲と玄徳潤 朝鮮通信使に息づく「誠信の交わり」
著者: 信原修 (著)
定価 ¥7,020(税込)
BOOKFANポイント: 325 pt
or
Tポイント: 195 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 明石書店
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784750327976
版型 --
ページ数 433P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

信原修 OFF

内容紹介

芳洲についてはその方面の識者によって、これまで多くのことが語られてきた。
しかし、朝鮮側の彼の相方であった玄徳潤については、従来語られるところが少なかったように思われる。
その意味で本書では、彼と彼の一族の倭学訳官としての活躍の跡を、できるだけ詳しく辿ろうと試みた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

「誠信堂記」をよむ―雨森芳洲と玄徳潤/第1部 雨森芳洲(芳洲の晩境とその外的情況/芳洲と朝鮮通信使―詩文唱酬を通して/芳洲の僧形と還俗―芳洲の思想的背景をめぐって)/第2部 玄徳潤(南楊州市郊外の玄徳潤の墓碣碑銘をよむ/玄徳潤の閲歴/川寧玄氏倭学訳官の系譜―玄徳潤の後裔たち“近世日朝交流を支えた朝鮮側一家系の系譜”)/付篇 金〓(きゅう)『扶桑録』

著者情報

信原 修
1936年、岡山県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業、同大学院修士課程修了。1971‐72年、ブリティッシュ・カウンシル・スカラシップにより英国エディンバラ大学大学院ディプローマ・コース(一般言語学)修了。1980‐81年、米国カルフォルニア大学バークレイ校客員研究員。京都府立鴨沂高校定時制教諭、同志社女子大学講師を経て、同大学名誉教授。専攻は意味論・語用論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ