pagetop

本 日本文学のなかの障害者像 近・現代篇

ほしい!に追加 twitter
本-日本文学のなかの障害者像 近・現代篇
著者: 花田春兆 (編著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 明石書店
発行年月 2002年 03月
ISBNコード 9784750315348
版型 --
ページ数 365P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

花田春兆 OFF

内容紹介

身近な近・現代文学でも、多くの作家が多かれ少なかれ障害者を扱った作品を残している。
また、自らも障害を負った作家たちも、それぞれに珠玉の作品を残している。
それらは個々の作家の障害者観を示すとともに、その時代の社会一般の対障害者観をも如実にうかがわせるものでもあるのだ。
正規の歴史におそらく現われることもないであろう、障害者が社会からどのように見られどのように遇せられていたのかが、明確にうかがえるのだ。
そうした障害者の実生活や社会や家庭内で受けなければならなかった処遇を、時代の変遷に絡ませて見捉えるという視点で、種々の文学作品を読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 近代文学と障害者(明治/大正/昭和・戦前篇)(福沢諭吉『かたわむすめ』/広津柳浪『変目伝』/正岡子規「障害者・子規」/国木田独歩『春の鳥』 ほか)/第2部 戦後文学に現われた障害者像(昭和・戦後/平成篇)(太宰治『人間失格』/松本清張『或る「小倉日記」伝』/丹羽文雄『業苦』と『煩悩具足』/三島由起夫『金閣寺』 ほか)

著者情報

花田 春兆
1925(大正14)年生まれ。出生時より脳性マヒによって四肢・言語に障害があり起立不能。1939(昭和14)年、東京市立光明学校(現都立光明養護学校)卒業。1947(昭和22)年、身障者同人誌「しののめ」創刊

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9

愛七ひろ(著)


ランキング一覧へ