pagetop

本 風の旅 四季抄

ほしい!に追加 twitter
本-風の旅 四季抄
著者: 星野富弘 (著)
定価 ¥1,512(税込)
BOOKFANポイント: 70 pt
or
Tポイント: 42 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
学研プラス
発行年月
1982年 01月
ISBNコード
9784651110110
版型
--
ページ数
67P
平均評価
(5)
: 2件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

星野富弘 OFF

内容紹介

星野富弘・感動の第1詩画集。
花に寄せて…はるかなる生命のうた。
不慮の事故で手足の自由を全く奪われた著者が、長い闘病の中で詩画に楽しみを見出し、その想いを花にたくして、筆をくわえてつづった心の軌跡。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 折れた菜の花(さくら/くちなし/はなしょうぶ ほか)/第2章 花に寄せて(ふきのとう/たんぽぽ/しおん ほか)/第3章 風の跡(さざんか/れんげつつじ/れんぎょう ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: ms ばば 投稿日:2013/08/08

小さな花にも そこにいる意味があるんだね

花の名前が知りたくて、本屋さんを徘徊しているうちにこの本に出会いました。
当初の目的は植物図鑑だったけれど、美しい花の絵に心ひかれ その花々がこの世へ生まれでた理由を知り 迷わず購入しました。

作者がこんな素敵な絵をこの世に送り出してくれた事に感謝するとともに、この絵が描けないほど自由に身体が動いていてくれたら どんなに良かったのにとも思いました。

作者の動かない手足に代わって、少しだけでも誰かの助けになることができたら、巡り巡って彼のお母さんの肩を、誰かが揉みほぐしてくれるかも知れない。
そんな小さな奇跡が起こりますようにと、願います。


今も、私の心の中で咲き続けている花のひとつひとつが、前を向く勇気をあたえてくれている気がしています。

今、身体が動くことのありがたさを忘れることなく、真摯に生きていけたらいいな。

ニックネーム: hi2515 投稿日:2010/06/24

彼の事はある医学雑誌で素敵だっ…

彼の事はある医学雑誌で素敵だった先生の座右の銘が彼の詩集の一つだと記憶していて是非一度読んでみたいと思っていたのが漸く叶った。とにかく凄い!とっても優しく人間を見つめ返す一冊である。学校の教師となり、わずか二ヵ月後にクラブ活動の際に空中回転で失敗して落下し、頸椎を損傷し手足の自由を失くしたと言う。9年にも及ぶ入院生活での回復も覚束なく、その中で母とキリスト教会の方々に生きる事を本当の意味を教えられたと言う。多くの葛藤の末に彼の選んだ選択は手ではなく口で絵を描き口で文字を書く事だった。彼の言う手で書く文字と口で書く文字が似ていると言うユーモラスな感覚が又凄い。私達健常者は一体何をしているのだろう?
動ける人が動かないでいるのは忍耐が必要だ
私のように動けないものが動けないでいるのに忍耐など必要だろうか
そう気付いた時
私の体をギリギリに縛り付けていた
忍耐と言う棘のはえた縄が“フッ”と解けたような気がした
私はこの詩を読んでとても恥ずかしく思う。
もっともっと真剣に生きなくっちゃと思えて、是非皆さんにも手にして頂きたいと思いました。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

蜜蜂と遠雷

恩田陸(著)


九十歳。何がめでたい

佐藤愛子(著)


素敵な日本人 東野圭吾短編集

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ