pagetop

本 日朝関係史

ほしい!に追加 twitter
本-日朝関係史
著者: 関周一 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 35 pt
or
Tポイント: 35 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
吉川弘文館
発行年月
2017年 02月
ISBNコード
9784642083089
版型
127×188mm
ページ数
386,15P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

関周一 OFF

内容紹介

活発な通交・貿易、そして戦争と断絶…。
古来、日本列島と朝鮮半島は、国境を史的境界としない多様・多元的な移動や交流があり、王権・国家のあり方や対外関係に大きな影響を与えてきた。
律令国家群の形成と展開、秀吉の「唐入り」、日韓国交正常化交渉など、双方の関係を東アジア内の広範な交流にも触れつつ解明。
広域史の視点から見つめ直す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 古代東アジアの国際関係と交流(倭国と朝鮮三国の登場/律令国家群の形成と展開/解体する東アジアとその再編)/2 中世東アジア海域と日朝関係(日麗関係と海商/モンゴルの脅威と高麗・日本/前期倭寇と日麗関係/日朝通行関係と倭人/対馬の朝鮮通交独占から豊臣秀吉の「唐入り」へ/中世日朝関係から近世日朝関係へ)/3 近世の日朝関係とその変容(江戸時代の「交隣」関係と対馬藩/近世中・後期の日朝関係の変質/幕末の日朝関係―「交隣」の崩壊へ/日朝関係の転回―「交隣」から「征韓」へ)/4 近代東アジアのなかの日朝関係(朝鮮の開国/日清・日露戦争/朝鮮植民地支配)/5 敗戦・解放から交流へ(東アジア冷戦の形成と日本と朝鮮半島/冷戦下の日韓・日朝関係/冷戦の崩壊と日韓・日朝関係)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ