pagetop

本 近代日本の転機 昭和・平成編

ほしい!に追加 twitter
本-近代日本の転機 昭和・平成編
著者: 鳥海靖 (編)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 吉川弘文館
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784642079754
版型 --
ページ数 302,3P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鳥海靖 OFF

内容紹介

世界恐慌、2・26事件、東京大空襲、極東国際軍事裁判、石油ショック、地下鉄サリン事件、大企業不祥事…。
歴史にはその流れを大きく変え、または加速させ、歴史の行方を決定づけた転換点がある。
昭和・平成の日本を変えた32の“その時”。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 国際的孤立化の歩み(世界恐慌とその波紋―ウォール街からの衝撃/満洲事変の勃発―不拡大方針の挫折/五・一五事件―憲政の常道の終焉/松岡洋右の誤算―国際連盟脱退/否認された天皇機関説―骨抜きにされた明治憲法の立憲主義/軍隊の叛乱―二・二六事件/「北支事変」から「支那事変」へ―大山大尉事件/国家総動員法の成立―議会政治は停止されたか/東京オリンピック開催返上の決定―幻のオリンピック)/2 戦争の時代(大政翼賛会の成立―失われた政治的求心力/紀元二六〇〇年式典―思想統制は成功したか/大本営政府連絡会議の大激論―対英米最終方針/日英米開戦―火蓋を切ったコタバル上陸/翼賛選挙―翼賛政治体制の成立/珊瑚海の蹉跌奪取史上初の空母決戦/大東亜会議と大東亜共栄圏―その理想と現実をどう見るか/ヤルタ会談と米英ソの協力・対立―第二次世界大戦見直しの動き/東京大空襲―第二次世界大戦下の都市無差別爆撃/天皇の裁断―異例のポツダム宣言受諾)/3 廃墟からの復興(降伏文書調印―日本「帝国」の最期/マッカーサー草案の提示―日本国憲法の第一歩/防げなかった破局的インフレ―金融緊急措置令の発布/女性代議士の登場―日本初の女性参政権行使/極東国際軍事裁判―歴史を裁判できるのか?/朝鮮戦争勃発―日本の掃海隊派遣/主権と独立の回復―対日講和条約、戦後外交のスタートライン)/4 経済繁栄とその病理(保守合同―五五年体制の成立/東海道新幹線の開通―経済の高度成長/田中角栄の決断―日中国交正常化から平和友好条約の締結まで/トイレットペーパー買い占め―石油ショックと日本経済/地下鉄サリン事件)/混迷する日本経済と企業不祥事―エピローグ

著者情報

鳥海 靖
1934年東京に生まれる。1958年東京大学文学部国史学科卒業。1961年同大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程中退。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ