pagetop

本 日本古代女性史論

ほしい!に追加 twitter
本-日本古代女性史論
著者: 義江明子 (著)
定価 ¥10,260(税込)
BOOKFANポイント: 475 pt
or
Tポイント: 285 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
吉川弘文館
発行年月
2007年 02月
ISBNコード
9784642024563
版型
--
ページ数
363,9P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

義江明子 OFF

内容紹介

日本古代の女性は地域社会のなかでどのように生きたのか。
“家族”を超えた社会的な役割と“女=聖”という霊的優位性の観念を批判的に再検討。
生活・祭祀・家族を総合する視点から、古代女性の実像を解き明かす。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

古代女性史研究の転換点にたって/1 生活と経営(古代の村の生活と女性/「刀自」考―首・刀自から家長・家室へ/「田夫」「百姓」と里刀自―加賀郡〓(ぼう)示札における魚酒型労働の理解をめぐって ほか)/2 祭祀の編成(刀自神考―生産・祭祀・女性/御巫の再検討―庶女任用規定をめぐって/「女巫」と御巫・宮人―鎮魂儀礼をめぐって ほか)/3 家族・親族・氏族(古代の家族と女性/婚姻と氏族/イヘの重層性と“家族”―万葉歌にみる帰属感・親愛感をめぐって ほか)

著者情報

義江 明子
1948年大阪に生まれる。1971年東京教育大学文学部史学科卒業。1979年東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。帝京大学文学部教授、文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ