pagetop

本 政党内閣制の成立一九一八~二七年

ほしい!に追加 twitter
本-政党内閣制の成立一九一八~二七年
著者: 村井良太 (著)
定価 ¥6,480(税込)
BOOKFANポイント: 300 pt
or
Tポイント: 180 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 有斐閣
発行年月 2005年 01月
ISBNコード 9784641076884
版型 --
ページ数 346,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

村井良太 OFF

内容紹介

政党政治に否定的であった明治立憲制の下で、一九二四年から三二年にかけて政党内閣が相次いで成立し、さらに一九二七年に立憲民政党が結成されてからは、立憲政友会と民政党という二大政党の間で政権交代がなされた。
そうした政党内閣の成立や政党間での政権交代は、なにゆえに実現し、どのような意味をもっていたのか。
それは、戦前日本における政党政治の一つの到達点ではなかったか。
一九一八年の原敬政友会内閣成立から二七年の民政党結成まで、政権の新たな担い手となる政党勢力と、首相を選定していた元老・宮中との相互作用を軸に分析・考察し、その現代的意義を問う。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 原内閣と憲政会―戦後における新旧の相克(一九一八~二一年)(元老たちの戦後―原敬という選択/原政友会の戦後―「情意投合」路線上の安定と強化/加藤憲政会の戦後―再生への始動/高橋内閣という選択)/第2章 原以後の試行錯誤―転換期における首相選定(一九二一~二四年)(高橋内閣と「憲政常道」論の高まり―多数党型政党内閣制への志向/加藤友三郎内閣と「情意投合」―日本型議院内閣制への志向/第二次山本権兵衛内閣と「挙国一致」―「挙国一致」内閣への志向/清浦内閣の成立―貴族院選挙管理内閣)/第3章 一九二四年憲政危機と西園寺公望―二つのオーバーライド(一九二四年)(西園寺公望の政治的人格―文明、世界、そして日本/第二次護憲運動―第一のオーバーライド/清浦内閣の総辞職―第二のオーバーライド/加藤高明の選定と意義―帰結)/第4章 憲政会の体制内化―政党内閣制の契機(一九二四~二五年)(一九二四年危機の克服過程(克服への体制整備/憲政会のセカンド・テスト)/第二次加藤内閣という選択―憲政会の体制内化)/第5章 政党内閣制の成立―元老以後の国家像を求めて(一九二五~二七年)(三党鼎立下の政党政治―加藤から若槻へ/初の男子普通選挙をめぐる内閣論の対立/田中義一内閣という選択―政党内閣制の成立と二大政党化/西園寺公望と政党内閣制)

著者情報

村井 良太
1972年香川県に生まれる。1995年神戸大学法学部卒業。2002年神戸大学大学院法学研究科博士課程修了、日本学術振興会特別研究員を経て、駒沢大学法学部講師、博士(政治学)。専攻は日本政治史

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ