pagetop

本 天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む

ほしい!に追加 twitter
本-天保十一年の忠臣蔵 鶴屋南北『盟三五大切』を読む
著者: 犬丸治 (著)
定価 ¥6,048(税込)
BOOKFANポイント: 280 pt
or
Tポイント: 168 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 雄山閣
発行年月 2005年 12月
ISBNコード 9784639019121
版型 --
ページ数 249P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

犬丸治 OFF

内容紹介

歌舞伎の戯曲全体のなかでも、特異な魅力に溢れた作品「盟三五大切」。
「忠臣蔵」「四谷怪談」「五大力」「狭夜衣」の四つの作品を通して、精緻なテキスト分析により「盟三五大切」の背後に隠されたドラマの重層的関係を明らかにし、当時の劇団の事情、作品の成立事情、そこに隠された意味を鮮明にさせ南北作品の本質に迫る意欲作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序開 塩冶判官梟首―天保十一年五月・江戸河原崎座/第一番目発端 焼野の雉―咎無くて死す/第一番目 おしどりのつるぎば―高武蔵守師直の恋/第二番目 失われた台帳―「盟三五大切」前史/第二番目 大切・汚れた雪「盟三五大切」の作品構造―平成四年四月の舞台から/目出度く打ち出し―由良之助の見た夢

著者情報

犬丸 治
演劇評論家。1959年(昭和34年)12月29日東京生まれ。1982年(昭和57年)4月慶応義塾大学経済学部を卒業。歌舞伎学会に参加、紀要「歌舞伎研究と批評」を中心に論考を発表。現在、演劇雑誌「テアトロ」、「読売新聞」の歌舞伎劇評を担当。歌舞伎学会(常任委員)、日本演劇学会、日本近世文学会、国際浮世絵学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ