pagetop

本 東京10000歩ウォーキング 文学と歴史を巡る No.9

ほしい!に追加 twitter
本-東京10000歩ウォーキング 文学と歴史を巡る No.9
著者: 籠谷典子 (編著)
定価 ¥864(税込)
BOOKFANポイント: 8 pt
or
Tポイント: 8 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
明治書院
シリーズ名
東京10000歩ウォーキング文学と歴 9
発行年月
2006年 08月
ISBNコード
9784625623189
版型
--
ページ数
101P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

籠谷典子 OFF

内容紹介

港区の臨海部には東京最古の貝塚遺跡があった。
そして武蔵国最初の漁浦として開かれた芝の海辺、そこへ徳川家康は船を寄せて入府の第一歩を刻み、江戸幕府を築いていった。
この地に最初の公使宿館が配置され、西郷隆盛と勝海舟が会見したことも、明治期の黎明を告げるものであった。
各時代の初頭に果たした地の利がわかると、ここが東京のふるさとだと思えてくる。
その発展の過程が理解できるように、国重要文化財三件、東京都旧跡指定四件、港区文化財三件を記載した。
坂道のアップダウンを楽しみながら麻布十番へ赴き、日本のほか十二カ国の芸術家たちが競った「微笑のモニュメント」に心を和ませ、未来への夢を思い描いてみよう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

太古のゆかり/都旧跡「西郷・勝両氏会見の地」/港区文化財「雑魚場跡」/都旧跡「水野監物邸跡」/港区立「港郷土資料館」/港区文化財「札の辻」/「ちんちん電車」のゆかり/慶応義塾大学/慶応義塾「綱町運動場」/都旧跡「大石主税以下切腹跡」/国重文「綱町三井倶楽部」/オーストラリア連邦大使館/都旧跡「最初のアメリカ公使宿館跡」/曹洞宗「興國山賢崇寺」/パティオ十番「きみちゃんの像」/麻布十番大通り/十番稲荷神社

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ