pagetop

本 歴史家と母たち カルロ・ギンズブルグ論

ほしい!に追加 twitter
本-歴史家と母たち カルロ・ギンズブルグ論
著者: 上村忠男 (著)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 32 pt
or
Tポイント: 32 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
未来社
シリーズ名
ポイエーシス叢書 22
発行年月
1994年 01月
ISBNコード
9784624932220
版型
--
ページ数
249P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

上村忠男 OFF

内容紹介

現代イタリア歴史学の鬼才ギンズブルグの独得の論理と方法をめぐる、イタリア思想史研究の第一人者による包括的かつ批評性豊かな画期的研究成果。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

歴史家と母たち―『夜の歴史』を読む(エピグラフの意味するもの/陰謀―ある事件史の試み/ヴィトゲンシュタインを読んだフレイザー/形式と歴史/構造―論理か経験か/持続の謎と人間の本性/結び―わたしのヴィーコから)/神は細部に宿るか―ミクロストリア考(発端―『アナール』派への批判と対抗/十年後の中間総括―観察規模の縮小実験の成果/残る課題1―「厚い記述」と形式化/残る課題2―マクロとミクロの存在論的差異)/表象と真実―ヘイドン・ホワイト批判に寄せて(はじめに/懐疑と実在原則/ゆがんだガラスとしての証拠/ホワイトは懐疑家か/フィクションとヒストリー/展示と引用)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ