pagetop

本 民俗宗教論の課題

ほしい!に追加 twitter
本-民俗宗教論の課題
著者: 宮田登 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 未来社
シリーズ名 ニュー・フォークロア双書 1
発行年月 1977年
ISBNコード 9784624220013
版型 --
ページ数 286P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮田登 OFF

内容紹介

本書は、4つのモチーフから成る。
すなわち、日本人のカミ観念をヒトの立場から考察。
日本人の他界が、現世との連続の上に成り立つという柳田民俗学の指摘にのっとって、その具体像の把握の試み。
性信仰のクローズ・アップ。
そして、被差別の問題を取り上げる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 民俗から見たカミとヒト(民衆のなかのテンノウ信仰/いわゆる権威としての天皇信仰 ほか)/2 民俗から見た世界観(民間信仰としての地獄・極楽/補陀落渡海の人々 ほか)/3 民俗から見た性(性信仰研究の諸問題/性器崇杯の性格 ほか)/4 民俗から見た被差別(白山信仰と被差別/非・常民の信仰 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ