pagetop

本 石井十次と岡山孤児院 近代日本と慈善事業

ほしい!に追加 twitter
本-石井十次と岡山孤児院 近代日本と慈善事業
著者: 細井勇 (著)
定価 ¥8,640(税込)
BOOKFANポイント: 400 pt
or
Tポイント: 240 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ミネルヴァ書房
シリーズ名 MINERVA社会福祉叢書 26
発行年月 2009年 07月
ISBNコード 9784623051816
版型 --
ページ数 531,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

細井勇 OFF

内容紹介

近代日本を代表する慈善事業家である石井十次。
ミュラー等英国のキリスト教慈善事業に影響を受けたその思想と実践は、日本の近代化過程のなかでどのように展開されていったのだろうか。
日誌・書簡を含む関連史資料の考察から、石井の内面的エートスに注目しつつその独自性をたどるとともに、社会的文脈のなかで、また関係者との交流史のなかでその思想と実践、その意味を捉え直す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

研究の視点と方法/第1部 近代日本の慈善事業とその背景(棄児養育米制度と慈善事業―伝統と近代/近代日本におけるキリスト教受容の特質と慈善事業)/第2部 岡山孤児院の創設と関連事業の諸相(岡山孤児院の創設と組合系教会形成―岩村加次郎と石井十次/孤児院学校の成立とその後の展開/岡山孤児院と監獄改良事業―渡辺亀吉と石井十次/孤児教育実践と地域振興事業の連続性/救済事例に見る岡山孤児院事業の展開/岡山孤児院の里預児事業について)/第3部 石井十次の思想と実践の変容過程(炭谷小梅と石井十次―石井発小梅宛書簡の検討/徳富蘇峰と石井十次―岡山孤児院事業と天皇制国家との関係/石井十次による伝道事業と慈善事業の関係―石井の思想変容の背景と契機)/石井十次の思想と実践の可能性について

著者情報

細井 勇
1953年北海道生まれ。1981年同志社大学大学院文学研究科修士課程修了。2007年関西学院大学社会学研究科博士後期課程修了、博士(社会福祉学)。現在、福岡県立大学人間社会学部教授。専攻は社会事業史、児童福祉(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ