pagetop

本 ドイツ自由主義経済学の生誕 レプケと第三の道

ほしい!に追加 twitter
本-ドイツ自由主義経済学の生誕 レプケと第三の道
著者: 藤本建夫 (著)
定価 ¥8,640(税込)
BOOKFANポイント: 400 pt
or
Tポイント: 240 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ミネルヴァ書房
シリーズ名 MINERVA人文・社会科学叢書 138
発行年月 2008年 03月
ISBNコード 9784623049844
版型 --
ページ数 564,23P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

藤本建夫 OFF

内容紹介

レプケのヴィジョンは、シュンペーターの創造的破壊と社会主義、ケインズの完全雇用と計画経済、またハイエクの19世紀的市場経済とも異なる。
彼は「生命力があり満足のいく市場経済は巧みにつくられた文明の創作品」であると見る。
競争する中小企業、競争の枠組みを監視する政府、そして景気にも耐えうる労働者で構成される社会でなければ、市場経済という「文化の畑」は荒れ果てるであろう。
この活気あるヒューマンな経済社会を、レプケは「第三の道」と呼んだが、それが戦後ドイツの社会的市場経済の源流となるのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ヴィジョンをめぐる神々の闘い―シュンペーター、ケインズ、ハイエク、レプケ/第1部 賠償・大恐慌・ナチス(荒海への船出/ドイツ賠償問題とトランスファー保護論争/大不況と雇用創出計画―ブラウンス「失業問題検討委員会」の答申をめぐって ほか)/第2部 レプケの三部作と「第三の道」(ケインズの「準好況」とニューエルサレム/リップマン・シンポジウム―リュストウと共同レポート「社会科学研究の新方向」/レプケと緊張下のジュネーブ ほか)/レプケの社会経済思想の今日的意味

著者情報

藤本 建夫
1946年生まれ。1969年岡山大学法文学部経済学科卒業。1974年京都大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、甲南大学経済学部教授、経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ