pagetop

本 近世イギリス家族史

ほしい!に追加 twitter
本-近世イギリス家族史
著者: 米山秀 (著)
定価 ¥7,020(税込)
BOOKFANポイント: 325 pt
or
Tポイント: 195 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 ミネルヴァ書房
シリーズ名 MINERVA西洋史ライブラリー 66
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784623043859
版型 --
ページ数 362P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

米山秀 OFF

内容紹介

英米の家族と日本の家族は一見よく似ている。
しかし、いくつかの点で異なる。
なぜそうなのか。
本書はこの疑問にイギリス近世に固有な家族が存在したことから答えようとするものである。
本書で示されることになるイギリス近世家族の特徴は、奉公人に対する閉鎖性と家族の賃銀収入という2点である。
しかも、その近世家族の形成過程において、家族を取り巻く地域社会における人口転換や階層分化が関連していたことも明らかにされることになる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

現代とイギリス近世の家族/第1部 英米における論争史(イギリス家族史研究の誕生―二つの社会的背景/世帯経済とレスター学派―1970年代まで/ファミリー・エコノミー論と家族の近代化論―1980年代/政治社会史とロンドン学派―1990年代から/家族史の「囲い込み」―論争の枠組み)/第2部 サウサンプトン地域史(近世サウサンプトン市の変貌―家族の社会的文脈/近世家族の特徴―世帯と家族の区別/閉鎖性の形成―奉公人の分離/賃銀世帯の形成―労働の分離/家族の誕生―その研究史的含意/世帯を取り巻く親族関係―親方選択の変化)

著者情報

米山 秀
1951年山梨県甲府市生まれ。1975年慶應義塾大学経済学部卒業。1982年慶應義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。東京都立商科短期大学助教授などを経て、首都大学東京教授。経済学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ