pagetop

本 モーツァルト《フィガロの結婚》読解 暗闇のなかの共和国

ほしい!に追加 twitter
本-モーツァルト《フィガロの結婚》読解 暗闇のなかの共和国
著者: 水林章 (著)
定価 ¥4,860(税込)
BOOKFANポイント: 225 pt
or
Tポイント: 135 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 みすず書房
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784622072997
版型 --
ページ数 337P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

水林章 OFF

内容紹介

男女の結びつきが家父長制と宗教に縛られ、男性成人のみが家長の資格において政治社会のメンバーと認められた近世身分制社会に、フィガロとスザンナという政治的公共圏の外に追いやられた二人を物語の中心に据えた、フランスの戯曲作家ボーマルシェの『フィガロの結婚』。
この作品が胚胎する身分制的・世襲制的な秩序の解体へのエネルギーを、ダ・ポンテの台本とモーツァルトの音楽は、意志的に作られた新しい公共的な世界としての「共和国」への飛翔へと、みごとに解き放ってみせた。
その途方もない新しさは、どのような音楽的超琢によって生み出されたのか。
リブレットとスコアにつねに立ち戻りながら、戯曲とオペラ両作品の繋がり、そして懸隔を確かめ、オペラ『フィガロの結婚』の魅力と秘密を、詳細かつダイナミックに描いた、類のないテクスト読解。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 プロローグ―どのようにアプローチするのか/2 抗争的世界の創出/3 『フィガロ』の「社会」―身分・アイデンティティ・性/4 女たちの闘い/5 家族の誕生―対立関係の解消/6 暗闇のなかの「共和国」/7 エピローグ―「啓蒙」のテクスト、「啓蒙」のオペラ

著者情報

水林 章
1951年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。パリ高等師範学校ENS‐Ulm留学。パリ第七大学テクストと資料の科学科博士課程修了。第三期課程博士。博士(学術)。上智大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ