pagetop

本 精神医学は対人関係論である

ほしい!に追加 twitter
本-精神医学は対人関係論である
著者: H.S.サリヴァン (著)
中井久夫 (訳)
定価 ¥8,424(税込)
BOOKFANポイント: 390 pt
or
Tポイント: 234 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 みすず書房
発行年月 1990年 04月
ISBNコード 9784622040828
版型 --
ページ数 459,47P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

H.S.サリヴァン OFF
中井久夫 OFF

内容紹介

本書では、幼児期を中心に児童期、青春期など人間の各発達段階における対人関係の重要性が説かれ、母親役や仲間、社会の歪んだ関係がいかに病因になりうるかが、懇切に示される。
なぜ幼児は「おやゆびしゃぶり」をするのか?同性から異性へと関心の移る思春期の心身の変化はどのようなものか?われわれが日頃体験し、出会う場面についても、サリヴァンは明確に答えてくれる。
青春期の社会化やその失敗を重くみる点など、フロイトと比べてみるのも、また対人関係のみならず、マイノリティへの関心など、R.D.レインの本と読み併せてみても興味深い。
現代の主流の生物学的精神医学への批判の書でもある。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 導入概念(発達論的接近法の意義/定義集/いくつかの要請)/第2部 発達の諸段階(幼児期―その始まり/幼児期―力動態勢という概念 ほか)/第3部 不適切不充分な対人関係のパターン(早期に発現する精神障害―分裂病質と分裂病/睡眠、夢、神話/晩期に発現する精神障害―妄想症的なものと類妄想症的なもの)/第4部 諸人民の精神医学をめざして(諸人民の精神医学をめざして)

著者情報

中井 久夫
1934年奈良県に生れる。京都大学医学部卒業。現在甲南大学文学部人間科学科教授
H.S.サリヴァン
1892‐1949。1892年アメリカのニューヨーク州中央部に、アイルランド系移民の子として生れる。1917年シカゴ医学校を卒業、軍医を経て1923年頃から1930年にわたりシェパード・アンド・イノック・プラット病院に勤務。入院中の分裂病患者に対するインテンシヴな精神療法的接近を試みた。1930年代にはニューヨークで開業医として強迫神経症の治療にあたり、38年に発刊された「サイカイアトリー」の主筆となる。社会科学との交流、政治精神医学という新しい領域への活動を行ったが、1949年国際会議に出席のためパリに滞在中客死した

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ