pagetop

本 ノンヒューマン環境論 分裂病者の場合

ほしい!に追加 twitter
本-ノンヒューマン環境論 分裂病者の場合
著者: ハロルドF.サールズ (著)
殿村忠彦 (訳)
笠原嘉 (訳)
定価 ¥7,776(税込)
BOOKFANポイント: 360 pt
or
Tポイント: 216 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 みすず書房
発行年月 1988年 08月
ISBNコード 9784622021988
版型 --
ページ数 417,13P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ハロルドF.サールズ OFF
殿村忠彦 OFF
笠原嘉 OFF

内容紹介

本書は、ノンヒューマンな環境の独自の意味を考察しつつ、それが人間精神の発達および精神分裂病の発症と回復にどのような役割を果たしているかを論じている。
限定復刊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 予備的考察(人間とノンヒューマンな環境との近縁性)/第2部 健康な人が経験するノンヒューマンな環境(乳児におけるノンヒューマンな環境との主観的一体性/健康な人格の連続的発達におけるノンヒューマンな環境 ほか)/第3部 精神病と神経症におけるノンヒューマンな環境(自己とノンヒューマンな環境との混乱/ノンヒューマンなものになるという不安、あるいはノンヒューマンなものが露呈するのではないかという不安 ほか)/第4部 文化的観点から(ノンヒューマンな環境内の人間に影響を与える文化のあり方)/第5部 未来に向かって(この主題の今後の探究によって掘りおこされる潜在的価値)

著者情報

ハロルド F.サールズ
1918年生。アメリカ東部ニューヨーク州北部のキャッツキル山地で育った。1943年ハーヴァード大学医学部卒業。1944‐51年、ニューヨークホスピタルで一般研修を受けた。1950年頃から64年はじめまで、チェスナット・ロッジ病院のスタッフであった。この15年の分裂病者の治療体験が本書に結実している。現在、ワシントン近郊ベゼスダで、個人精神療法のオフィスを持ち分析治療を行なっている
殿村 忠彦
1967年名古屋大学医学部卒業。愛知県立城山病院に勤務
笠原 嘉
1928年神戸に生れる。京都大学医学部卒業。精神医学専攻。名古屋大学名誉教授。桜クリニック院長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ