pagetop

本 死と愛 実存分析入門 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-死と愛 実存分析入門 新装版
著者: ヴィクトールE.フランクル (著)
霜山徳爾 (訳)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
みすず書房
発行年月
1985年 05月
ISBNコード
9784622006022
版型
--
ページ数
280P
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヴィクトールE.フランクル OFF
霜山徳爾 OFF

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: マーブル 投稿日:2017/10/28

まだ途中までしか読んでいませんが、もう間に合いませんので

イチョウの葉が輝くばかりに色づく季節になると、数年前に亡くなった友人を思い出す。 入院したとは聞いたが、遠方でもあり、見舞いに行くタイミングを考えているうちにあっという間に亡くなってしまったY。メールと言う現代の連絡ツールは、元気そうな文字だけが並び、本当の辛さは掴みきれなかったのか。通勤の車を停めた駐車場でイチョウの街路樹を見ながらメールのやり取りをした思い出だけだが残る。


亡くなった報を受け、慌てて駆けつけた。30年近い付き合いで、初めて顔を合わせた母親が言った台詞が切ない。


結婚もしないで、孫も見せてくれないで、親より先に逝ってしまって。


夫を先に見送り、次は息子を亡くした。50歳だった息子には、もう半ば諦めて、直接は口に出さなかった言葉。だが、やはり残念に思っていたのだろう。


あの時逝ってしまったY。そして見送ったSとT。いずれも同年代だが私以外の3人はいずれも縁なく独身だった。それは生き方として、恥ずかしい事とは思わないが、こんな親の台詞を聞くと、他人事ながら心配になるのは事実。親より先に逝かなくても、孤独な老後が待っているのではないか、等と。




先月、残った3人のうちの一人、Sから原因不明の病気で入院したと連絡。再び悪夢が蘇るが、私よりは近くに住んでいるTが見てきてくれて、緊急性はないとの連絡でひとまず胸を撫で下ろした。
しかし、原因は究明できず、治療法も決められないため通院治療に切り替えられただけの退院。落ち込んだSから届くメール。


近くはないのかもしれないが、遠くもないだろう死を覚悟する。
仕事もなくなった。
自分の人生は「負け組」だった。
今後は皆とは違う道を歩くことになるだろう。等々。



彼ら以外にも、私の周りに幾人かいるいわゆる適齢期を過ぎた独身者たち。
周りがとやかく言う事ではないないし、言っても仕方のない事だが、
自分の人生に意味がなかったように言われると、どう答えればいいのか。


フランクルは言う。死こそ人生に意味を与える。
もしも死が克服され、人間が不老不死になったなら人生は意味を失うだろう。
永遠の先伸ばし、無限の無責任。
人生は、一回限りで、その個人限りだから意味を持つのだ。
後の世代に何かを残すことが人生の価値ではない。
そうでなければ、子を残さぬまま人生を終えた人の一生は、無意味だったと言うのか。


その人が、一回限りの人生を、自分らしく生きてさえいれば、それはもうそれで価値あるもの。Sに伝えたい言葉がそこにあった。
社会が、評価を下しやすくするために造り上げたタイプからは外れているかもしれないが、それぞれが自分に責任を持って、自分の人生を生きる。それは自分がなし得なかった事を子の世代に押し付け、一方的な期待をするよりも誇るに足る事なはず。


人は、終わりなど来ない振りをして、あれこれを先伸ばしにする。
まだ大丈夫。後でやろう。
あるいは、まだ迎えていない終結を見込んで諦める。
もう無理だ。ダメだった。


終わりがある人生を、自分以外には送れない人生を、
受け止め、比べず、諦めずに送る。
フランクルの思想は、前向きで、でも厳格で。


まだ1章しか読めていないけれど、もはや間に合いそうになく、未完成ではあるが、今この時の思いが書ければと思い記す。




読書の記録として、記憶力の低下を補うために始めたつもりが、いつの間にか生活でのウェイトが大きくなっていたここ数年。自分が知らない分野を皆さんのレポで知る魅力。誰かに読んでもらう事を意識してする読書の楽しさ。受け止めてもらえるありがたさ。
精神的に辛かった時期も、そんな場があってどんなに助けられたことか。そのまま続いていけば確認できなかったかもしれない。終わりがあって気づくこと。


助けられて来ました。楽しく過ごしました。
ありがとうございました。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング