pagetop

本 北極・南極探検の歴史 極限の世界を体感する19のアクティビティ

ほしい!に追加 twitter
本-北極・南極探検の歴史 極限の世界を体感する19のアクティビティ
著者: MaxineSnowden (著)
石沢賢二 (監訳)
鈴木理 (訳)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
丸善出版
シリーズ名
ジュニアサイエンス
発行年月
2016年 12月
ISBNコード
9784621300688
版型
B5 (182×257mm)
ページ数
172P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

MaxineSnowden OFF
石沢賢二 OFF
鈴木理 OFF

内容紹介

北極・南極をめざした16人の探検家の足跡。
極地のすがたはどのように明らかにされていったのか。
探検家たちが残した日誌や手紙、現地の写真から伝わる、寒さ、恐怖、病気とのたたかい、先住民や動植物との出会いなどの、現地での日常。
多くの隊員が命を落とすなか、なおも彼らを極点へとかり立てたものは何だったのか?19のアクティビティ「ためしてみよう!」では、測量器具や保存食づくり、雪の性質や風速をはかる実験などを紹介し、極寒の世界での生活や研究を体験。
7つの書き下ろしコラムで、日本人の功績や、南極越冬隊の日常、これからの極地研究について知る。
歴史だけでなく、地理と科学の話題が融合した、ユニークな伝記。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 北極編(赤毛のエイリークがグリーンランドへ―981または982年/イヌイットとダンスしたジョン・デイヴィス‐デイヴィス海峡からラブラドールまで探検―1585~1587年/ヘンリー・ハドソンは北西航路と北東航路を探索―1607~1610年/ウィリアム・パリーがランカスター海峡を越えて探検する―1819~1820、1821~1823、1824~1825、1827年/ジョン・フランクリンの最後の探検、北極での最大の悲劇―1845~1847年/フリチョフ・ナンセンは「極北」を探検(1893~1896年)、ロアール・アムンセンは北西航路を開拓(1903~1906年)/ロバート・ピアリーとフレデリック・クックの北極点到達競争―1908、1909年/グレテル・エーリックは自然豊かなグリーンランドで現地の住民と交流する―1993~2000年)/第2部 南極編(ジェームズ・クックの南極へ向かう3回の航海―1768~1775年/ジェームズ・クラーク・ロスの南極沿岸探検―1839~1843年/ロバート・スコットとロアール・アムンセンが南極点初到達を競う―1910~1912年/アーネスト・シャクルトンが南極大陸横断に挑戦―1914~1916年/リチャード・バードがはじめて南極点上空を飛行する―1929年/科学者ビル・グリーンは南極の湖を研究する―1980~1994年/おわりに:最近の極地探検)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング