pagetop

本 図説・現代哲学で考える〈表現・テキスト・解釈〉

ほしい!に追加 twitter
本-図説・現代哲学で考える〈表現・テキスト・解釈〉
著者: 宮原勇 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 丸善
シリーズ名 京大人気講義シリーズ
発行年月 2004年 03月
ISBNコード 9784621074039
版型 --
ページ数 151P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

宮原勇 OFF

内容紹介

京大での講義「哲学基礎論」の際に黒板に書かれた解説図をすべて再現。
現代哲学の基本的考え方をわかりやすく、しかも水準を落とすことなく「図説」する。
今回の“表現・テキスト・解釈”編は、人と人との理解や文学作品の理解、文化の理解といった現代社会で一番重要なテーマを扱っている。
例えば、一人一人の「個性」とはなにか、解釈とは「作者の意図を把握すること」といってよいのか、絵画の技法としての「遠近法」のもっている哲学的意味はなにか、さらには「地平の融合」という解釈学の理論の意味は…、こういったテーマに関して読者を深い思索へと誘う。
工夫を凝らした解説図を「地図」がわりにした、思索の旅のガイドブック。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

表現の特徴/「道具」と「記号」の違い/人文科学の方法としての「理解」と「解釈」/「認識されたものの認識」としての解釈/理解における言語と心理/テキスト解釈と個性/考えてみよう:個別性と個性/歴史における「解釈」/理解における循環/理解における「文脈」と「全体」〔ほか〕

著者情報

宮原 勇
愛知県立大学外国語学部教授。京都大学博士(文学)。1955年、長野県生まれ。1979年京都大学文学部哲学科卒業。1982年同大学院文学研究科修士課程(哲学専攻)を修了し、1985年同大学院文学研究科博士課程後期(哲学専攻)研究指導認定退学。愛知県立大学文学部講師、助教授、教授を経て、1998年より現職。同大学大学院国際文化研究科にて、言語哲学、欧米思想を担当。また、ドイツ学科に所属し、ドイツの哲学等を担当。京都大学では、10年以上にわたって、哲学基礎論の講義を担当している。1993年から94年にかけて、アレクサンダー・フォン・フンボルト財団の奨学研究員としてドイツ連邦共和国に滞在する。専門は現象学だが、ひろく現代哲学全般に関心をもつ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング