pagetop

本 マチネの終わりに

ほしい!に追加 twitter
本-マチネの終わりに
著者: 平野啓一郎 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
毎日新聞出版
発行年月
2016年 04月
ISBNコード
9784620108193
版型
--
ページ数
406P
平均評価
(4.5)
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
2件

新刊お知らせ登録一覧へ »

平野啓一郎 OFF

内容紹介

結婚した相手は、人生最愛の人ですか?ただ愛する人と一緒にいたかった。
なぜ別れなければならなかったのか。
恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: darkly 投稿日:2017/06/29

抑制された大人すぎる愛

私は恋愛小説はあまり読まないのですが、好きな作家が書いたものは読みます。平野さんは好きな作家の一人です。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、彼は、京都大学時代に「日蝕」で芥川賞を取りました。この小説も凄かったですが、それからしばらく結構尖がった感じの小説が多かったように思います。

尖がったというのは平たく言えば浮世離れしているというか「俺は違うんだよ」的な匂いがかなりあったように思います。結婚して子供もできたせいかどうか分かりませんが、社会への関心を示し、最近は世間に近づいた作品が多くなってきたように思います。


この作品は、蒔野聡史と小峰洋子という主人公の恋愛の物語であり、オーソドックスなものとも言えますし、そうではないと言うこともできます。


出会い、少し話しただけで即座に共感し、話がいつまでも尽きることなく、いつまでも話したい。そういった出会いの経験がある人もいると思いますが、この作品もそういった出会いから始まります。


お互いの心の中でお互いの存在感が日に日に増していき、数回しか会っていないのに相当お互い分かり合っているという部分までは、非常にオーソドックスな恋愛の物語と言えます。


そして、ハードルを乗り越え、結婚までたどり着こうとした時に、ちょっとしたことが起こります。
それに対する反応が、「おいおい、その反応、大人すぎるやろ!」と思わず突っ込んでしまいました。その後の展開も「マジっすか!」(笑)


序文に実話に近いようなことが書いてあっただけに、感情移入してしまい、物語に没頭してしまいました。


このように途中からオーソドックスではない展開となっていきますが、平野さんは、元々思索的な小説が多く、内面の描写が凄く、説得力もあり、またクラシックやジャズに詳しいこともあって音楽についても記述も多く、イラク戦争やリーマンショックなど社会的なことについての彼の主張も織り交ぜ、
非常に読み応えのある格調高い、そして面白い作品になっています。


本の帯に「毎日新聞連載終了後、「マチネロス」続出」とあります。たいていこういうのは大げさなものが多いと思いますが、この作品についてはあながち大げさではないでしょう。
すぐに影響される私はバッハの「無伴奏チェロ組曲」のCDを引っ張り出し、聴きながらこのレポを書いております。


特に大人の女性にお薦めしたい作品で、読みだすと徹夜になってしまう方も多いでしょう。

ニックネーム: 旅鳥 投稿日:2016/11/29

成熟した大人のラブストーリー

大人気バラエティ番組「アメトーーク」内の読書芸人特集で取り柄げられていたこと、及び書店でのオススメ本に入っていたことをきっかけに本書を手に取りました。

帯に出ている「結婚した人は人生最愛の人ですか?」という問いかけに全てが集約されています。




洋子の父である映画監督ソリッチの、愛していたからこそ関係を絶ったという愛情に心を打たれました。


ただし骨太の純文学なので、テレビで褒められていたからという理由で読み始めると十中八九挫折してしまうと思います。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと

西原理恵子(著)


マスカレード・ナイト

東野圭吾(著)


オーバーロード 12

丸山くがね(著)


ランキング一覧へ