pagetop

本 韓国家族制度の研究

ほしい!に追加 twitter
本-韓国家族制度の研究
著者: 金斗憲 (著)
李英美 (訳)
定価 ¥10,368(税込)
BOOKFANポイント: 480 pt
or
Tポイント: 288 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 法政大学出版局
シリーズ名 韓国の学術と文化 30
発行年月 2008年 03月
ISBNコード 9784588080302
版型 --
ページ数 671P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

金斗憲 OFF
李英美 OFF

内容紹介

本書は、韓国家族制度の形成および発展の歴史的・社会学的研究と、他地域・社会のそれとの比較制度論的研究の調和的達成により、「韓国の名著100巻―1945~1984年」社会学編7冊のうちの1冊に選ばれた、韓国家族制度研究の金字塔。
韓国の伝統的な家族の概念から、家族制度の構造と機能、相続制度、祭祀および祖先崇拝、冠婚葬祭と社会経済との関連、大家族制の崩壊に及ぶ。
家族制度とその関連分野の研究に必須の基本文献であるとともに、韓国の日常生活・社会関係・風俗文化を理解し、さらに同国民の家族観・倫理観・価値観を知る上での必読書である。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 氏族/第2章 宗族/第3章 親族/第4章 家系の存続/第5章 家族/第6章 家礼/第7章 婚姻/第8章 喪祭/第9章 家族制度の崩壊過程/結論/追録―韓国家族制度に反映された文化価値

著者情報

李 英美
法政大学大学院博士課程修了(社会学博士)。学習院大学東洋文化研究所客員研究員を経て、現在法政大学ボアソナード記念現代法研究所委嘱研究員・法政大学兼任講師・東京大学法学政治学研究科総合法政専攻博士課程在学。専攻は法制史・近代韓日関係史・近現代韓国社会論
金 斗憲
1903年12月27日に全羅南道長興邑で生まれる。1929年に東京帝国大学文学部倫理学科を卒業。梨花女専(現・梨花女子大学校の前身)の講師、恵化専門学校(現・東国大学校の前身)の教授、延禧専門学校(現・延世大学校の前身)の講師を経て、韓国独立後はソウル大学校文理科大学教授、全北大学校総長、淑明女子大学校総長、建国大学校大学院長を歴任。震檀学会会員・学術院任命会員・UNESCO国内委員・韓国哲学会会員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ