pagetop

本 吐き気 ある強烈な感覚の理論と歴史

ほしい!に追加 twitter
本-吐き気 ある強烈な感覚の理論と歴史
著者: ヴィンフリート・メニングハウス (著)
竹峰義和 (訳)
知野ゆり (訳)
定価 ¥9,396(税込)
BOOKFANポイント: 435 pt
or
Tポイント: 261 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 法政大学出版局
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 943
発行年月 2010年 08月
ISBNコード 9784588009433
版型 --
ページ数 763,89P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヴィンフリート・メニングハウス OFF
竹峰義和 OFF
知野ゆり OFF

内容紹介

古典主義美学における「吐き気」と「美」のあいだの交錯関係、カントによる「吐き気」の理論的・実践的位置づけ、初期ロマン主義における「腐敗」の詩学、ボードレール、ローゼンクランツ、ニーチェ、フロイト、カフカ、バタイユ、サルトル、クリステヴァまで“反美学”の系譜を明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 嘔吐と笑いのはざまで―吐き気の哲学の消尽点/第1章 美学理論における吐き気というタブーと吐き気の遍在/第2章 厭わしい部位と吐き気を催させる時間―理想美を湛えた身体の構成/第3章 「強烈な生命感覚」と哲学のオルガノン―カントにおける吐き気の判断/第4章 腐敗のポエジー―「美しき吐き気」と「ロマン主義的なもの」の病理学/第5章 吐き気の「否」とニーチェの認識の「悲劇」/第6章 悪臭を発することの精神分析―フロイトにおけるリビドー、吐き気、文化の発展/第7章 吐き気の天使―“硫黄臭い”快の“無垢なる”享受をめぐるカフカの詩学/第8章 聖なる吐き気(バタイユ)と実存のべとつくマーマレード(サルトル)/第9章 アブジェクトな母(クリステヴァ)、“アブジェクト・アート”、吐き気・現実界・真理の収斂

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ