pagetop

本 カントの航跡のなかで 二十世紀の哲学

ほしい!に追加 twitter
本-カントの航跡のなかで 二十世紀の哲学
著者: トム・ロックモア (著)
齋藤元紀 (訳)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
法政大学出版局
シリーズ名
叢書・ウニベルシタス 900
発行年月
2008年 09月
ISBNコード
9784588009006
版型
--
ページ数
301,129P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

トム・ロックモア OFF
齋藤元紀 OFF

内容紹介

二十世紀哲学の4つの主要動向―現象学、マルクス主義、プラグマティズム、分析哲学―は、互いに接近と疎隔を繰り返す運動のなかにありながらも、一つの同じ問いを共有してきた。
それは、カントの批判哲学以後、認識と実践の真理が、歴史のなかでどう捉えられ構築されるのかという問いである。
いずれの学派にも通じた現代随一の哲学史家が、カントの航跡を軸に現代哲学への広域的視座を切り開く画期的論考。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 二十世紀の哲学の解釈に向けて/第2章 カントとカント以後の論争/第3章 二十世紀のマルクス主義について/第4章 認識論としてのプラグマティズム/第5章 現象学としての大陸哲学/第6章 アングロ=アメリカの分析哲学/第7章 カントと二十世紀の哲学

著者情報

齋藤 元紀
1968年生。法政大学文学部兼任講師、国士舘大学文学部非常勤講師

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

場面設定類語辞典

アンジェラ・アッカーマン(著)


なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

岩本武範(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ