pagetop

本 第三帝国の言語〈LTI〉 ある言語学者のノート

ほしい!に追加 twitter
本-第三帝国の言語〈LTI〉 ある言語学者のノート
著者: ヴィクトール・クレムペラー (著)
羽田洋 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 法政大学出版局
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス
発行年月 1974年
ISBNコード 9784588000553
版型 --
ページ数 431P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヴィクトール・クレムペラー OFF
羽田洋 OFF

内容紹介

ヒトラー

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

LTI/序曲/基本的性質―貧困/パルテナウ/第1年目の日記から/最初に出会ったナチの3つの言葉/Aufziehen(育成する)/ファシズムの10年/熱狂的/土着文学〔ほか〕

著者情報

ヴィクトール・クレムペラー
フランス語・フランス文学専攻のドイツ系ユダヤ人学者。1881年10月、北東ドイツのランズベルク(現在ポーランド領ビェルコボルスキー)で生れる。1919年ミュンヘン大学教授、20年以降はドレスデン工科大学でフランス文学の教授を務めたが、33年ナチスの政権獲得により解任される。ドレスデン爆撃後、混乱に紛れてバイエルン地方に逃れ、終戦を迎える。戦後は、47年にグライフスヴァルト大学、48年ハレ大学、そして51年にはベルリンのフンボルト大学で、フランス文学の研究と教育に力を注いだ。60年2月ドレスデンで死去。代表的著作には、『ナポレオンから現代までのフランス文学史』(1925-31年。56年に『19・20世紀フランス文学史』と改題再刊)『18世紀フランス文学史』(54-66)等があり、ほかに『モンテスキュー』(14-15)『中世フランス語入門』(21)『ピエール・コルネーユ』(33)等もある。なお、ドイツ・アメリカ・ハンガリー等で活躍した著名な音楽指揮者オットー・クレムペラーは、その従弟にあたる

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ