pagetop

本 昔、革命的だったお父さんたちへ 「団塊世代」の登場と終焉

ほしい!に追加 twitter
本-昔、革命的だったお父さんたちへ 「団塊世代」の登場と終焉
著者: 林信吾 (著)
葛岡智恭 (著)
定価 ¥799(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 平凡社
シリーズ名 平凡社新書 288
発行年月 2005年 09月
ISBNコード 9784582852882
版型 --
ページ数 219P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林信吾 OFF
葛岡智恭 OFF

内容紹介

日本の戦後史のなかで、団塊の世代は大きな役割を演じてきた。
六〇年代の政治の季節では理想に燃えて行動し、八〇年代には働き盛りとしてバブルの現場を駆け回り、そしていま、大量定年を迎え高齢化社会を現出させようとしている。
しかし、このままでいいのか?いまの日本社会は、かつての理想からあまりにかけ離れてはいないか?年金持ち逃げと言われるか、有終の美を飾るか?いま改めて、団塊のお父さんたちに挑発とエールを送る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 父よ、あなたは「革命的」だった/第1章 団塊世代、かく戦えり―戦後日本と新左翼運動(団塊前史/新左翼運動の多様化/『いちご白書』でオシマイですか?)/第2章 サブカルチャーにはじまり、終わった世代―団塊世代が切り開いた地平と挫折(黄金の六〇年代/24時間、なに考えてました?/「第二の敗戦」と「二度目の挫折」)/第3章 亡国の世代 やり逃げの世代―そう呼ばれて、消えて行くのか(だから彼らは嫌われる/若者はとっくにキレている/国を変えるか、国を滅ぼすか)

著者情報

林 信吾
1958年東京都生まれ。神奈川大学中退。83年から10年間在英ののち帰国、以降作家・ジャーナリストとして執筆活動を行っている
葛岡 智恭
1959年東京都生まれ。法政大学卒業後、出版社勤務を経て独立。雑誌編集、広告制作にたずさわる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ