pagetop

本 資本論の哲学

ほしい!に追加 twitter
本-資本論の哲学
著者: 廣松渉 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 平凡社
シリーズ名 平凡社ライブラリー 708
発行年月 2010年 09月
ISBNコード 9784582767087
版型 --
ページ数 491P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

廣松渉 OFF

内容紹介

一九六〇年代以降、物象化論に立つ思想家としてこの国のマルクス主義理論をリードした著者が、『資本論』の示す哲学的新地平を価値論において解く。
価値とは人間労働が生産物に凝固したものか?あるいは商品交換のなかで定まる価格同然のものか?この対立を端的に乗り越え、社会的分業の協働連関態こそが、個々の商品を価値として通用させる所以を解き明かす。
増補版の待望の再刊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序破章 端初的商品規定と価値実体(『資本論』の論理的出発点をめぐって/ヘーゲル弁証法の端初論と展開の論理/「商品世界」の与件と価値の実体規定)/第1章 問題論的背景と価値形態論(「価値形態論」の直接的諸課題と射程/「価値」の実体論的規定と形態的規定/『資本論』における価値形態論の所説)/第2章 物象化論の視座と価値規定(「価値形態」の対自・対他的四肢構造/「価値」の「実体論的」規定の再措定/「価値存在」の特異性と商品論の視圏)/第3章 物神性論と商品世界の構制(「商品」の「物理的性格」とその秘密/「交換過程」論と「商品世界」の矛盾/『資本論』における商品論の論理構成/暫定的定位―拾遺と補説のために)/増補 ルービンの問題に言寄せて

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ