pagetop

本 東京・京都・大阪 よき日古き日

ほしい!に追加 twitter
本-東京・京都・大阪 よき日古き日
著者: 吉井勇 (著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
平凡社
シリーズ名
平凡社ライブラリー 581
発行年月
2006年 07月
ISBNコード
9784582765816
版型
--
ページ数
259P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉井勇 OFF

内容紹介

いまはなき市井の面影を永遠の放蕩歌人が綴った回想記。
著者曰く「私の市井好きは少年時代からであつて、中学の三年頃から寄席や芝居通いをはじめ、“十五から酒を飲み出で今日の月”という其角の句ではないが、年少早くも酒肆の縄暖簾を潜り、樽に腰掛けてのんで一升、市井に於ける酒の味を解した。
懺悔々々六根清浄、ここらあたりで長年胸に鬱屈している酒気を吐いて、すつきりとした心持になつて老後を楽しむのも、亦人生のひと趣向ではないだろうか」。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

東京(柳橋界隈/両国橋/名所図会 ほか)/京都(中島棕隠/鴨東四時雑詞/京の四季 ほか)/大阪(泥龍和尚/美記子歌集抄/八千代回想 ほか)

著者情報

吉井 勇
1886年、東京生まれ。早くから雑誌『明星』に歌を発表。『明星』廃刊後の1909年には、木下杢太郎、北原白秋らと『スバル』創刊。明治末期から大正期にかけての新浪漫主義の歌人を代表する一人となる。耽美的歌風を特徴としたが、後に人生の哀歓を表現する傾向を示した。また戯曲や小説も書き、市井の遊芸人を描くのを得意とした。1960年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

ビブリア古書堂の事件手帖 7

三上延(著)


火花

又吉直樹(著)


失敗の本質 日本軍の組織論的研究

戸部良一(著)


ランキング一覧へ